Whitening 4 Beauty 歯のホームホワイトニング

ナイトホワイト Nite White ACP、オパールエッセンス Opalescence、スーパースマイル Supersmile
運営11年目のホームホワイトニング通販です


初めての方へ

安心ネット通販

カートを見る

FAX注文用紙

お問い合わせ

新規登録で200ポイントプレゼント! 

ホワイトニング歯磨き粉オーラルケアセールブランド一覧
商品検索
キーワード    価格範囲 円〜
カテゴリー



 

ホワイトニングのメカニズム

  

ホームホワイトニングの種類

厳密にはホワイトニングとは歯を白くする治療の総称で、歯の漂白はホワイトニングの中のひとつになります。他にはデンタルマニキュアや補綴物によるホワイトニングもありますが、マニキュアは一時的な治療ではがれやすく、今では主流ではありません。補綴物による治療はむし歯や歯の神経が死んでいない限り健康な歯を削る必要があり、抵抗を感じる方が多いのが実情です。そのような理由でホワイトニングと言えば歯の漂白という流れになっています。また歯の漂白には大きく分けて2種類の方法があります。

オフィスホワイトニング

種類

ホームホワイトニング

歯科医院で歯の表面にホワイトニング(漂白)効果の高い、高濃度の薬剤を塗り、光を照射するなどして、薬剤を活性化させ、短時間で歯を白くする方法 概要 個人の歯形に合わせた専用のホワイトニングトレー(マウスピース)を作り、自宅でホワイトニング剤を入れたトレーを歯に数時間装着することで、白くする方法
高濃度の薬剤を使い、短時間で行いますので、一気にある程度の白さになる。その反面、多少痛みを感じたり、ホームホワイトニングと比べて、色の再着色がおこりやすいといった特徴があります 特徴 低濃度の薬剤を使い、時間をかけてゆっくり白くしていく。
(通常上の歯だけでも約2週間は必要)
時間をかけてゆっくり作用させるので、薬剤が深くまで浸透し、よりいっそう白くなりその白さも長持ちします
1.即効性があり一度の来院である程度の白さが得られます
2.全て歯科医師、衛生士が行います
長所 1.自分の都合に合わせて行えます
2.奥歯まで白くできます
3.白くすることができる限界点が高いこと
4.白さが長持ちする
1.光の届かない奥歯は白くなりません
2.色の着色がホームホワイトニングに比べてやや早いこと
3.施術当日に痛みを感じることがあります
短所 1.効果が現れるまで時間がかかります
2.継続して行う根気が必要です
3.トレー装着に違和感を感じる人がいます

 

「過酸化水素」と「光」のはたらき
ホワイトニングとは歯科クリニックで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」のこの2種類に分類されます。

オフィスホワイトニングであっても、ホームホワイトニングであっても、使用するホワイトニング材には「過酸化水素」が含まれています。自宅で行うものは「過酸化尿素」という薬剤を使用しますが、その中に含まれる「過酸化水素」が歯に作用するのです。そしてその薬剤の濃度が効果に直接に関係してくるのです。
 
歯を白くするもうひとつの条件は、光です。この「過酸化水素」は「光」でより効果的に働きます。つまり、光をあてることによって、短時間でホワイトニングを行えます。同じ薬剤を同じ時間だけ使用したとしても、光をあてるのとあてないのではその効果は3倍違ってくると言われています。これは歯科医院で行うオフィスホワイトニングのことです。ホームホワイトニングはこの光を利用せず、ゆっくり確実にホワイトニングしていくものなのでオフィスホワイトニングに比べて色戻りも少なく確実にホワイトニングができるのです。

 

 

歯の表面、エナメル質の色はもともと白色ではなく半透明です。下層にある象牙質の色が黄色みがかっているために、エナメル質に反映して歯が白く見えたり、黄ばんで見えたりするのです。エナメル質の色素を無色透明にするのではなく、下層の象牙質を白く変色させ、エナメル質に反映させて白い歯となるのです。 3

ホワイトニングの主成分、過酸化水素と過酸化尿素は一定温度になると、活性酸素と水に分解されます。 この分解時に発する酸素が、歯(像牙質)の着色部分を無色透明に分解(ブリーチング)するのです。そして歯面のエナメル質は無数のエナメルの小柱が束になってできています。過酸化尿素から発生した酸素は、エナメル質表層のエナメル小柱に浸透し、エナメルの表面に光が乱反射して、曇りガラスのようなマスキング効果を得ることができ、歯が白く見える仕組みになっています。

 

このように過酸化水素、過酸化尿素の酸化作用を利用して口腔内で分解された酸素がエナメル質に浸透し、歯の像牙質の色素(有機質)だけを分解して無色化させるため象牙質の構造を変える事なく色調を明るくする事ができるということです

 

歯の硬組織と呼ばれる組織中の有機物(色素)=色の原因物質を、薬剤作用で分解させ、白くしていきます。これらの薬剤はアメリカではもとより、日本でもオキシドールに配合されるなど長年消毒、殺菌剤として使用されて いるもので安全性は学会でも保証されております。

 

 

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード
パスワード紛失

[新規会員登録]








FAX用注文用紙
インターネット、FAXのご注文は年中無休24時間受付中。

 
ホワイトニング無料相談 
ホワイトニングが初めてで不安の方には、ホワイトニング無料相談を承っております。

お問い合わせは
2営業日以内にご回答させていただいておりますが、万が一返信が届かない場合は再度ご連絡下さいますようお願い致します。